A 血行不良と胸を支える筋肉不足。サイズの合うブラを着けるのも大切。

肩甲骨を積極的に動かしましょう。

脇からデコルテをよくマッサージしましょう。

胸を支える筋肉を鍛えましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 肩甲骨の柔軟性はあるものの、周りの筋肉が血行不良になっている可能性。巻き肩の人も。

二の腕から脇周りのストレッチをしましょう。

デコルテを開くストレッチとともに、肩甲骨を寄せてキープするエクササイズをしましょう。

いつも背中を意識して動きましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 肩甲骨が固まっています。肩甲骨が動かないと背中にぜい肉がつきやすく、腕も疲れる原因に。

こまめに肩甲骨の上下運動と、寄せたり開いたりする運動をしましょう。

デコルテを開き巻き肩を修正するエクササイズを行いましょう。​

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っている状態。食事と運動両方からのアプローチを。

お腹のインナーマッスルに効く筋トレをして内臓脂肪を減らしましょう。

過食や極端な食事制限をやめ、ビタミン・ミネラル・タンパク質の多い食事を摂りましょう。

睡眠時間を長めに取りましょう。

食べ物以外でのストレス発散をみつけましょう。

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A リバウンドを繰り返していませんか?おなかだけがぽっこり出ているなら内臓脂肪が多い(りんご型肥満)可能性が。

低カロリーの食事をやめ、栄養をきちんと摂りましょう。

こまめに身体を動かして運動不足を解消しましょう。

食べ物以外でのストレス発散をみつけましょう。

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 皮下脂肪が多い(洋ナシ型肥満)かも。老化にともないお腹だけでなくお尻や太もももたるんできます。

全身を使った運動を行いましょう。

痩せるよりも引き締めるイメージで、背筋や腹筋など大きな筋肉の筋トレをしましょう。

日常的に姿勢を正すことを心掛けましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A お尻の筋肉が弱っています。長時間座っている生活や、だらっとした座り方も垂れ尻の原因に。

大股でお尻を使って歩きましょう。

すぐ座らずにお尻を意識して姿勢よく立つ時間を増やしましょう。

座るときは椅子に深く腰掛けましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 骨盤が歪んでいませんか?立っているとき座っているときに、いつも片方に重心がかかっていたら要注意。

骨盤の歪みを修正するエクササイズを行いましょう。

効き足と反対側に重心をかけられるよう意識してみましょう。

お尻~太もも裏の筋肉のストレッチも大切です。

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 脚の外側がむっちりしていたらO脚。

脚の側面のストレッチを行いましょう。

内ももの内転筋を鍛えましょう。

重心をやや足の親指側にかけましょう。

お尻の中心の筋肉を使って立つよう意識しましょう。

骨盤を立てるように意識しましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 骨盤が前傾して閉じているかも。

骨盤を開くエクササイズを行いましょう。

お尻を閉めて股関節を開いて立ちましょう。

背中のストレッチを行いましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 骨盤や重心に左右差が。足の長さが左右で違いませんか?

重心を左右均等にかけましょう。

座っているときに足を組んだり、身体をひねった態勢で片方の座骨に重心をかけないよう気を付けましょう

骨盤のゆがみを整えるエクササイズを行いましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!