ODT(オリエンタルダンスセラピー)で心と躰をメンテナンス

Bellydance × ダンスセラピー

ダンスセラピーは、『身体を使った表現を通じて心を癒す』アートセラピーの一種。

日常に忙殺されてバランスを崩しがちな心と躰を繋げ、身体が思うように動く気持ちよさを、ベリーダンスで感じてみましょう。

心と躰をつなげる

​ 

感情を持つ私たちは日々、この世界で『自分を表現しながら』生きています。

生きる上で多少の我慢は必要ですが、感情を抑え続けると自分を表現できなくなったり、逆にコントロールがきかずヒステリックに暴走してしまったり……何かしらの方法で自己表現をしなければ、ストレスは溜まる一方です。

また、頭でばかり考えていると身体意識が鈍ってきます。

「悲しくても泣けない」

「疲れているけれど眠れない」

「不調に鈍感で、気づいたときには無理をしている」

 ……そんな人は要注意。

レッスン中は、呼吸、重心の位置、いま使っている筋肉はどこかなど、自分の躰の内側に意識をむけて踊っていきます。

ムーブメントに対する【快】【不快】といった躰の感覚も繊細に感じながら身体意識を目覚めさせ、心と躰を繋げましょう。
 

あなたの表現したことがあなた自身になります。言葉だけではなく、躰を通じて自分らしさを表現してみませんか?

躰が気持ちよく踊れるように

 

Orientaldance Therapyでは、 ベリーダンスのテクニックをたくさん覚えること を目的にしていません。

結果的にテクニックは身に付きますが、一番の目的は 『ダンスを通じて心と躰の調整をしていくこと』

 『躰が気持ちよく動く感覚』 を身につけたい方のためのレッスン内容です。

ベリーダンスは本来「何時間も踊っていられる」ともいわれるくらい、女性の躰に負担の少ないダンス。ご自身が 『気持ちよく踊れる』 ためのポイントを、一緒にさぐっていきましょう。

振付を覚えることよりも、身体意識を大切に。

心と躰を調和させるODTのレッスンで

定期的に私をリセット!