A ストレートネックや猫背によって顎が上がり前に出て、首や肩・背中の筋肉に負担がかかっています。

 

エクササイズで顎を引くための筋肉をつけましょう。

首周りの筋肉をストレッチでほぐしましょう。

高い枕を使うのをやめましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

A PCやスマホの操作によって腕の筋肉が疲れているかもしれません。腕の疲れが溜まったままだと肩甲骨の痛みや肩こりの原因に。

手首のストレッチをしましょう。

二の腕から脇周りのストレッチをしましょう。

肩甲骨を広げたり閉じたりしましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 
 

A 上半身を使っているわりにケア不足で、筋肉痛のような痛みが取れていないのかも。

ストレッチや入浴などでその日のうちに疲れている部分をほぐしましょう。

水を多めに摂って疲れの元となる老廃物を流しましょう。​

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 栄養不足や睡眠不足、ストレスなどにより、疲れが取れにくくなっている状態かも。朝起きたときから凝っているなら寝具の見直を。

ビタミン・ミネラル・タンパク質の多い食事を摂りましょう。

睡眠時間を長めにしてみましょう。

気分転換できるような趣味を見つけましょう。

つい考えすぎてしまう人は「ノートへの書き出し」でもやもやを吐き出しましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 何もしていないのに強い痛みがあるのであればまず病院へ。骨格の歪みや、加齢・運動不足による筋肉量の低下もありそうです。

使わない筋肉は加齢とともに減っていきます。意識的に身体を動かすようにしましょう。

整形外科で改善しない場合にはカイロプラクティックなどに行ってみるのも良いでしょう。

姿勢を良くして腕を肩甲骨から使うよう意識しましょう。

身体を冷やさないようにしましょう。

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 腰回りの筋肉が緊張したまま。普段の姿勢が悪く、体幹の筋肉が弱いのかもしれません。身体全体の重さを腰だけで支えていると腰に疲れが溜まります。

体幹トレーニングを行いましょう。

普段から腰回りとお尻の筋肉を伸ばしましょう

立つとき座るときに全体重を腰にかけず、上半身を引き上げるイメージで姿勢を正しましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 骨盤のゆがみが原因かも。重心をかけやすい脚のほうが短かったり、寝て足を投げ出したときにつま先の角度が左右で違えば要注意。

両足にバランスよく重心が乗るように意識しましょう。

骨盤の歪みを解消するエクササイズを行いましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 骨盤が後傾している可能性が。お尻や太ももの裏側が硬くなっていませんか?

良い姿勢を保つための体幹を鍛えましょう。

普段から骨盤を起こすよう心掛け、椅子にだらっと座るのもやめましょう。

お尻~太もも裏の筋肉のストレッチも大切です。

顎が前に出やすくなるので気を付けましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!

 

A 骨盤が前傾していると腰の後ろに負担がかかりやすく、腰痛の原因にも。

前もものストレッチと腰を伸ばすストレッチを行いましょう。

腹式呼吸やドローイングでお腹のインナーマッスルを鍛えましょう。

お尻の筋肉を使うよう意識しましょう。

 

➡具体的なエクササイズやストレッチは、Youtube または個人レッスンにて!