top of page

Full Moon Party2023終了!

ご参加くださった生徒さんたち、ありがとうございました。


個々のパフォーマンスについても、みなさん踊り慣れて余計な力が抜けてきたぶん、それぞれの良さが自然な表現として出てきたなぁと感じました!

良かった点やこれからの課題につきましては、レッスンのときにお一人ずつに伝えています。



ダンスはコミュニケーション

今回私は衣装に着替える時間がなく、パーティタイムの途中でこっそり抜けて着替えるしかなかったので…

事前に「パーティタイムは主体的によろしく!」ってお任せした生徒さんたちが盛り上げてくれました\(^o^)/


ダンスレベル以前の、「楽しませてもらう側」から「楽しませる側」へのゆるやかなマインドチェンジです。


私のお伝えしているダンスセラピーでは、本質的に「ダンスはコミュニケーション」なのです。


「自分が楽しむ、自分で精一杯」という内向きの視点から、次の「あなたとわたし、一緒に楽しむ」というもうすこし広い視点へとステップアップすると、踊っている瞬間がもっと楽しくなりますよ〜!



共感から、共鳴へ。

これは私が著書の中で書いているフレーズなのですが、これからの時代は「踊る人or観る人」という構図ではありません。「与える側と与えられる側」ではありません。


受け身なだけの人はもう誰も楽しませてくれません。

与えられるだけでは本当の意味で楽しさを享受できないのです。

主体的に一緒に楽しもうとする人同士が共鳴するからこそ、そこに1+1=3になるような穏やかで軽やかでポジティブなエネルギーの循環が生まれると、私は思っています。


これはダンスの話だけでなく、日常的な小さなことについても。

だから本当にやりたくないことは無理してやる必要はないと思います。


だけどそれをやらないという判断が、もしかしたら人生で体験できるはずだった喜びを自ら放棄することに繋がっているかもしれない、どんな機会損失に繋がっているかは考えたい。


その上で、自分にとって何が大事か、どんな人と付き合って共鳴していきたいか、どんなスタンスで生きていきたいかをクリアにできたら、「自己表現」もしやすくなりますね★


時間は有限です。



終わりと向き合って生きる

「自分の寿命」を考えたことがありますか?

秋分からのこの半年は、いわゆる「陰の時期」です。

ここまで膨れ上がったものたちはいったん見直され、ここからは物事があるべき姿に向かうようデトックスされていく時期といわれています。


発表会の翌日、遠征してくれた生徒さんを交えてランチをしたときにちょっとお話ししましたが、「何歳まで生きたいですか?」っていう質問を生徒さんたちにしました。


ちなみに私は68歳。

少なくともこの年までは健康的に生きたいという、ここまで生きればとりあえず満足、何かあっても延命治療はいらないよ、という年齢です。

そしてこれ以降にも健康なら残りの時間は「余生」と思って自分以外のために生きようと。


死生観について話すとネガティブに捉えられがちなんだけど、あくまでこれは「後悔しないで今を生きる」ためのポジティブなお話です!


時間も命も有限、ほんと昨今の社会情勢をみてつくづく思います。



話がそれてしまいましたが…

この定期ハフラのように「生徒さんたちが気軽に、定期的に踊れる場所」を設けていくことは、私にとって大事な仕事だと思っています。

(もちろん参加したい人が集まらなきゃできないけどw)


今回も、生徒さんたちが以前にも増して「リラックスして踊る姿」や「この瞬間を楽しもうとしている姿」を見ることができてとても嬉しいし、また次回も頑張ろうっていうモチベーションになります♪

ありがとうございました✨



まぁ私自身は準備から進行&動画&写真(暗すぎてダメだったw)&ダンスってことで相変わらずバタバタだったけど、懲りずについつい詰め込んでしまうのよね😂


それは私自身がまだ始めて数年の生徒だったとき(一番やる気があるとき!)に、「お金を払っても、気楽に踊れる場所や機会がなかった」から。

尊敬する師匠のもとを離れることと引き換えでしか、それが叶わなかったから。


「初心者が、好きな曲で、定期的に、気軽に踊る場所や機会が用意されている」というのは当たり前のことではなく、少なくとも当時の私からしたらとても羨ましい環境です。


まだ下手だから人前で踊りたくないという人は多いのですが、人前で踊り慣れることでしか「自己表現」としてのダンス経験は積めません。


面倒な責任やプレッシャーなど負うことなく気軽に踊れる環境があるうちにその経験を積んでおくのは、決して人生のマイナスにはならないはずです。

ダンスでの自己表現を通じて、違う世界が見えてくるかもしれません。


次回は12月!

参加人数がいればまたカメラマンさん頼みますし、予算がなければ私は踊らずスタッフに徹する予定ですー!


最新記事

すべて表示

振付クラスをご希望の方へ

Oriental Dance Therapyでは、『月謝制』ではなく『チケット制』でレッスンを受けられるシステムを採用しています。 これは毎週定期的にレッスンを受けられない人にもお手頃にベリーダンスを楽しんでもらえるようにという想いから。 (一般的なベリーダンススタジオだと月謝制で、お休みした分の振替はなしか、別のクラスで月1回まで、というパターンが多いです) 一方で、月謝制でないということは『参

『Beauty and Harmony』考察

先日のハフラでオープニング前、イントロで流した曲です。 私が多感な中学生時代に聴いていた古い曲ですが、この世界観は私の一部になっているし、ダンスでもカウンセリングでも私がお伝えすることのベースはここにあるので… ちょっとご紹介しておきたくて。 ▼『Beauty and Harmony』 https://music.apple.com/jp/album/beauty-and-harmony/1536

Comments


bottom of page