9/23『秋分のバランシングWS』



9/23は秋分。昼と夜がおなじ長さになる日です。


秋分はターニングポイント

この日は春分以来の『陰と陽がつり合う日』。

スピリチュアル的にも秋分は『エネルギーの流れが変わるターニングポイント』といわれています。

春分からずっと陽にかたむいていたエネルギーのバランスが、この日を境に今度は陰にかたむいていくのです。


月の満ち欠けにも通じるものがありますね!(春分=新月/秋分=満月)




悪癖のリセットに良い日

また春分はお彼岸でもあります。

お彼岸は『あっちの世界とこっちの世界の境界線が薄くなる日』と言われています。

(だからお墓参りに行くのですね)


とはいってもなにもそんな怖いことではなくて、これは「無意識(あっちの世界、精神世界)」と「意識(こっちの世界、物質界)」が行き来しやすくなる、とも捉えられます。


たとえば普段、思い込みやべき思考といった無意識に支配されやすい人は、「新しい習慣」を身につけようと思ってもなかなか「古い習慣」をやめられません。


そんな人もこの日は「思い込みを手放して、新しい習慣をインプットしやすくなる」みたいな、リセットに良い日です。




自然の理の中へ入る

穀物の収穫をイメージするとわかりやすいのですが、春分で豊作を祈って種をまき、その実りを秋分で受け取るというこの一連のサイクルが、実は私たちの中にもあります。


しかし日頃からなにかと忙しく生きている私たちは、意識しないとついこのサイクルを忘れてしまいがち。


半年前、あなたはどんなことを想い、どんな種を蒔きましたか?

そして今、何をどれくらい受け取ることができましたか?

どんな結果も感謝をもって受け取れていますか?

そもそもちゃんと水やりをして育てていましたか?

その収穫したものを使って、次のサイクルではどんなものを得たいのでしょうか?



心地よいバランスポイントを探る

あなた自身の『バランス』にもフォーカスしてみましょう。


たとえば「仕事」と「プライベート」、「他人のため」と「自分のため」、「やりたいこと」と「やらなければいけないこと」などなど…


もちろん人によって切り分けなくていいときもあるけれど、健全な心身の基本は『ありのままの自分らしさ』ありきです。


今の自分に必要なバランスをもう一度考えてみて、必要ならば調整をかけていきましょう。



『バランス』を調整することの大切さはまた、身体バランスにもいえます。

WSでは、基本的なムーブメントを行いながら、お一人ずつ「どのように歪んでいるか」「日頃からどんな風に身体に負担をかけているか」を探り修正していきます。



日常を踊るように生きる

心が安定している人はみな、『日常』を大切にしています。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、時間がなかったりやることが多すぎたりしているときって、そんな当たり前が結構できないものですよね。


今回のWSでは、『踊るときの意識的な身体の使い方』を日常に落とし込んでいきます。

「日常(無意識)」と「ダンス(無意識)」をつなげ、しなやに踊ってみましょう♪


ご参加お待ちしています〜



【WS内容】

①収穫のサイクルワーク(ストレッチ)

②心と身体のバランスワーク(エクササイズ)

③日常を踊るダンス&セラピー(表現)