top of page

上達のために知っておいてほしいこと

上達のスピードは人によって異なります。

一部のダンス経験者や姿勢バランスが良いなどの『身体意識が高い人』は、上達スピードがはやい傾向にあります。

ゆっくり確実に上達していく人がほとんどですので、自分にベリーダンスが向いている・向いていない、という話は初心者さんが数か月で結論を出せるものではなく、少なくとも3年くらい向き合ってみないことにはわかりません。




基礎を身につけるに200時間くらいは必要。

これは週1回/1時間のレッスンだけなら4年、週1回レッスン+毎日10分の自主練をやる人の場合には2年程度です。

また先生によって教え方が異なりますので、複数の先生のレッスンをかけもちしている場合には「先生によって言うことが違う…」と混乱してしまい、上達の妨げになる場合も。

少なくとも基礎が身につくまでは、自分に合った教え方の先生について学ぶのがおすすめです。




上達スピードは一定ではありません。

多くの場合、基本姿勢がきちんと取れるようになるまでに時間がかかり、それができるようになるとテクニックの上達スピードや振付を覚えるスピードは加速します。

また、いったん基本姿勢を身体が覚えたあとは、たとえしばらくダンスから離れてしまっていても、すぐに『良い姿勢』の感覚を取り戻すことができます。

「何年やっていても、いろいろなテクニックを習っても上手にならない」という人は、もういちど基本姿勢に立ち返って学ぶことで、一気に上達していくかもしれません。




身体作りは日々の意識が大切です。

レッスン中だけでなく、日常生活から基本姿勢を意識するよう心がけてみてください。

ご自身の身体の感覚に意識を向けている時間が長ければ長いほど、身体意識は高まります。

1日24時間、起きている時間(16時間くらい)のうち、いったいどれくらい自分の身体感覚を使っていますか?




丁寧な自主練は上達の近道。

個人レッスンでは、レッスン後に個々に合わせたレジュメをお送りしています。指摘された部分を意識しながらゆっくり丁寧に練習してみましょう。

レッスン中はどうしても、言われたことやその場の雰囲気に流されて、できたような気持ちになりがちです。

実際、レッスン中はできていた動きも「先生のナビゲートがないとできない」という状態ではひとりで踊れるようにはなりません。

レッスン後の10分でも、自主的に『学んだことをひとりで再現して復習してみる』という時間をもうけている人は、そうでない人に比べてあきらかに上達が早いです。

「レッスンを受けて、なんとなく踊れた気になっておわり」ではもったいない…!

ぜひレジュメをご活用ください。


最新記事

すべて表示

腰か腕か?

「腕を動かすと腰が止まってしまう…」 もちろん個人差はありますが、この現象はベリーダンスを始めて半年~1年くらいの生徒さんあるあるです。 基本姿勢や基礎テクニックがままならない状態で腕をつけようとすると、腕の動きにばかり気を取れられて全身がグダグダなダンスになってしまうんですよね。 なんでもそうですが、基礎の習得が実は一番時間がかかる部分です。 基本姿勢や基礎テクニックを先生に注意されないで「普通

できない自分を笑えるか

思ったように踊れないとき、私たちは次のどちらかの態度になります。 ①「踊れない」「恥ずかしい」とひたすら落ち込んでしまう人 ②踊れない自分を客観的に見て笑える人 私がベリーダンスを習い始めてかなり経った頃(7年目とか?)、トルコのベリーダンスフェスティバルに行きました。 そこには各国の有名なベリーダンサーが集結して、3日間トップダンサーのWSを受け放題!というイベントでした。 私も取れるだけWSを

姿勢を良くすると手先足先が雑になる問題

ダンスを習っている人によくあるお悩みとして、「基本姿勢は取れるようになったけど、今度は手先や足先が雑になってしまう」というものがあります。 ちなみに初心者さんで基本姿勢の練習がおろそかなまま振付ばかりやっていた人だと「手先足先だけやけにピーンとしているのに、姿勢が悪く体幹が使えていない」という逆パターンも。 一般的にはダンスを始めたばかりの頃は後者のパターンが多く、基本姿勢が取れるようになってくる

コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page