top of page

ベリーダンスを踊れるようになりたい人へ

ベリーダンスを習いはじめる理由は人それぞれですが、ここでは「上手にベリーダンスを踊れるようになりたい」「いずれ衣装を着てステージで踊れるようになりたい」と思っている方に向けて書いています。

「エクササイズとして楽しく身体を動かしたい」「マイペースに続けられる趣味がほしい」「たまのリフレッシュとして踊りたい」というエンタメとしてのベリーダンスを楽しみたい人に向けた内容ではありませんのでご了承ください。



「ベリーダンスが踊れる」の定義は?

「踊れるようになる」がどの状態を指しているかは人によって違うと思います。


▼テクニックができる系(エクササイズ)

・基礎テクニックができること

・応用テクニックができること

・リズムに合わせて動けること


▼とりあえず一曲踊れる系

・基礎が未熟でも振付で最後まで動けること

・基礎ができていて振付で最後まで動けること

・みんなと一緒なら踊れること


▼自己表現として踊れる系

・自分で振付を考えられること

・ソロで人前で踊れること

・即興で動けること

・振付をなぞる以上の自己表現ができること


その人がどこを目指して「踊れる」と思うかによりますが、とてもざっくりいうと「基本姿勢や基礎テクニックができる」➡「(先生の)簡単な振付で踊れる」➡「自分で振付を考えて踊れる」➡「応用テクニックの習得」➡「(先生の)複雑な振付で踊れる」・・・という感じでしょうか。

これらはぱきっとわかれた順番というよりも、すこしずつレイヤーになっているイメージです。


実際は基礎テクニックを習得するのには時間がかかるので、生徒さんが飽きないように「振付レッスン」や「応用テクニックの紹介」なども混ぜて同時進行でレッスンをすすめたりしますが、振付レッスンばかりやっていると「楽しい」けど「基礎テクニックが上達しない」という状態になることも。


またダンスでの自己表現については「その人自身の意識がどうあるか」という部分なので、テクニックの上達とは別次元のものになります。

基礎テクニックが未熟でも、即興で楽しく踊れたり、自己表現できる人はできます。

テクニックが上達しても自己表現ができない人は、自意識過剰になっていることが多いので、意識のほうを変えていく練習が必要になってきそうです。


ベリーダンスを踊れるようになりたいという人は、ご自身が今どの段階なのか、どこを目指しているのかを知ると「なにをしたらいいか」が見えてきますね★



上達したい人が知っておいていただきたいこと


▼一般論として…

①基礎習得にかかる時間は100時間~150時間(週1回60分のレッスンで2~3年)

②若い頃に運動経験がある人のほうが上達は早い

③年齢が若い人の方が上達は早い

④大人数より少人数の方が上達は早い

⑤短期集中の方が習得しやすい

⑥基礎習得と「踊れるようになる」は別の話

⑦プロになるまでは300~500時間程度が目安



あくまで一般論ですが、②のように若い頃に運動部だったり、なにかしらのダンス経験がある人は、①の基礎習得時間がゼロスタートではないので、上達は早めです。


また、③について、30歳を過ぎれば年齢とともに筋肉量は減っていく&記憶力が衰えていくので、当然、若い人の方が上達は早いです。

悪い姿勢グセで5年間暮らしてきた人と、20年間暮らしてきた人では、修正にかかる時間も同じではありません。どうしても基礎テクニック以前に「悪い姿勢グセを直す」というマイナスからのスタートになるからです。


④についてはそのまんまですね。限られた時間の中でひとりの生徒さんにかけられる時間は人数によって変わってきますので「同じ時間でも濃さが違う」という感じ。


そして上達を目指す人にとっては、実は⑤も大事なポイントです。

時間としては同じでも、「月1回のレッスンを8年間やっている人」と「月4回で2年続けた人」では上達カーブがまったく違います。

その理由は、月1回だと「前回やったことの多くを身体が忘れてしまうから」。

習った動きのうち8割を次回のレッスンまでに忘れてしまえば、また2割のところからスタートです。「10歩進んで8歩下がる」状態ですから、テクニック上達という観点からはどうしても時間がかかってしまいます。

ダンス上達とは「踊れる身体としてのクセを身に着けること」なので、月720時間(24時間×30日)のうち1時間だけ良い姿勢で練習しても、踊れる身体クセを身に着けるのは普通の人には難しいですよね。


もっといえば、本当はダンス上達を目的とするならば週2回レッスンを受けるのがベストです。これくらいの頻度なら身体が忘れないうちに踊るための身体のクセが強化されます。

「10歩進んで2歩下がる」ようなスピードになるので、感覚の良い人であれば半年~1年でそこそこ踊れるようになるでしょう。

なんでもそうですが、勉強や習い事の習得は「それに集中して取り組んだ時間」の積み重ねです。


⑥基礎テクニックの動きが完璧でも、リズムに合わせて動けないとか、振付になると動けない(または振付がないと動けない)とか、みんなと一緒でないと動けないという状態では「ベリーダンスが踊れる」とまではちょっと言い難いところ…

ちなみに教える側の私が持っている「ベリーダンスが踊れる」というイメージは、「基本姿勢や基礎テクニックを崩さずに、簡単な振付や即興で、曲にのって、ソロで最後まで踊れる」くらいのレベルです。


さらに「先生と同じくらい踊れるようになる」というのが目標であれば、⑦プロになるまでの時間が参考になるかと思います。まわりを見ても、ベリーダンスというジャンルに限っていえば、生徒からプロとして独立するまでには6~10年程度の人が多いように感じます。

もともと身体能力が高い人やダンス経験のある人、若い人が週2回で3年くらいレッスンを続けるとプロレベルになるイメージです。



自分がどれくらいで踊れるようになるか?の目安

よく「どれくらいやれば踊れるようになりますか?」と聞かれるのですが…


まずはご自身の「踊れるようになる」のイメージを明確にしてください。

そしてご自身の「運動経験」や「年齢(悪い姿勢グセの年数なども!)」と、可能な「レッスン頻度」や「習得までの一般的なレッスン時間」を照らし合わせてみると、自分はどれくらいで踊れるようになりそうか?のだいたいの目安がわかるかと思います。


また、上達目的の方でも、ご自身のペースでゆっくり上達していくことがわるいことではありません!

でも、なかなか上達しないからといって上達スピードが速い人と比較して落ち込んでしまわないために…上記のような「一般論として知っておいてほしいこと」を心にとめておいていただけたら幸いです。


ご参考までにどうぞ!




最新記事

すべて表示

腰か腕か?

「腕を動かすと腰が止まってしまう…」 もちろん個人差はありますが、この現象はベリーダンスを始めて半年~1年くらいの生徒さんあるあるです。 基本姿勢や基礎テクニックがままならない状態で腕をつけようとすると、腕の動きにばかり気を取れられて全身がグダグダなダンスになってしまうんですよね。 なんでもそうですが、基礎の習得が実は一番時間がかかる部分です。 基本姿勢や基礎テクニックを先生に注意されないで「普通

姿勢を良くすると手先足先が雑になる問題

ダンスを習っている人によくあるお悩みとして、「基本姿勢は取れるようになったけど、今度は手先や足先が雑になってしまう」というものがあります。 ちなみに初心者さんで基本姿勢の練習がおろそかなまま振付ばかりやっていた人だと「手先足先だけやけにピーンとしているのに、姿勢が悪く体幹が使えていない」という逆パターンも。 一般的にはダンスを始めたばかりの頃は後者のパターンが多く、基本姿勢が取れるようになってくる

体幹が使えない人はストレッチから

体幹が衰えがちなわたしたち スマホをいじったり、PCでタイピングしたり、家事をしたり…わたしたちはふだん、身体の末端を使った細かい作業をすることが多い生活をしています。 そのせいか身体を使う意識はいつも「体幹」ではなく「二の腕や太もも」から。 あまり身体を動かさない生活をしている人になると「前腕〜指先、ふくらはぎ〜足首」あたりしか動かす意識のない人もいるでしょう。 多くの高齢者の身体の使い方はまさ

Comments


bottom of page