ベリーダンスのターンのコツ

最終更新: 5月29日

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

こちらのブログはZAHaRAのオフィシャルサイトへ移行中です。

続き続きはこちらから➡zaharaoriental.com

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲



ベリーダンスでよく使う、シンプルなターンのポイントについてです。


初心者の方が、ターンでふらつく原因にはいくつかあると思います。


・反り腰(骨盤がアウト)になっている

・勢いで回ろうとしている

・りきみ過ぎ

・上体を引き上げていない


上体が落ちていたりお尻が出ていたり(=つまり軸が取れていない)、腕や脚で力づくで回ろうとして余計な力が入っていると、どうしてもよろけたり必死な感じがしてしまいます。



軸を作るためには、良い姿勢を保つための筋肉が必要です。「筋肉はないけど軸が取れている」ということはないでしょう!


姿勢を保つ筋肉をつけるために、特別なトレーニングをする必要はありません。

そのかわり、ダンスのときだけでなく普段から自分の身体を内側で感じるように意識してみましょう。

「体の重心はいまどこにあるか?」

「足裏からつむじまで一本線が通っているのを感じられるか?」

ODTのレッスンでは、そんなことを繊細に感じられるようになるコツを丁寧にお伝えします♪


また、私がレッスンでよく言っている「骨盤をターンアウトして」というのは、勢いで回らないための大事なポイント。

脚だけで回ろうとすると、膝を痛めたりすることもありますから、骨盤からしっかりターンアウトして回りましょう〜


勢いで回らなくなると、ベールを使って踊ったときのベールのなびき方も美しくなりますよ★



ご自宅でベリーダンス!

▶Zoomを使ったオンライン個人レッスンを開催中。オンラインだから、なかなか外出できない方も遠方の方もご都合に合わせて学べます。

>オンライン個人レッスン体験2,500円



▶︎▶︎▶︎これが学べるZAHaRAのレッスンは

・『代々木WS

・『個人レッスン